お役立ち記事

【北九州小倉北区・メンズ美容室】メンズカット・ツーブロックの入れ方を3パターンで徹底解説してみた!

こんにちは。北九州小倉北区で美容師をしています、BLAZEの新川寛人@Hirotter052)です。メンズカット、メンズカラー、メンズパーマなど、メンズ施術全般を得意としています。当ブログをご覧いただきありがとうございます。

今日はメンズカットの定番、ツーブロックの入れ方を解説してみました!ぜひ美容室でのカットの際、参考にしてみてください。

◆ツーブロックって何?

まずはツーブロックの定義について、wikipediaにて検索してみました。こちらをご覧ください。

ツーブロックとは・・・頭頂部から耳の上ぐらいまでの髪は長めに残し、そこから下の部分はかりあげにしている髪型のこと。長い部分の髪を下ろしているときと、束ねたり・ブローによって、かり上げ部分を露出させた時とでは大きく表情が変わる。

文章で読むと正直ワケがわからないと思いますので、わかりやすく。こちらの写真がツーブロックですね。

今回の記事では、3種類の刈り上げ方をベースに、ツーブロックの入れ方を画像を踏まえてわかりやすく解説します。

①ツーブロック・前上がり

まずはよくある前上がりのツーブロック。北九州でもこのツーブロックは多いですね。このような切り方になっています。

前の方が大きく刈り上げられており、後ろに行くにつれて刈り上げの幅が小さくなりますね。テレビなどでもよく見る、一般的なツーブロックの形です。

前上がりツーブロックのメリット

・顔まわりがスッキリする
・男らしいイメージになる
・刈り上げの面がよく見える

この形のツーブロックにすると、顔まわりの毛が大きく切れるのと、刈り上げの面が横から見えやすくなるので、男らしい、カッコイイといったイメージになります。

デメリットとしては、顔まわりの毛が切れる分、顔を隠したい方には不向きかも?という所と、耳周りがスッキリしにくい所ですね。

オススメ・・・ショート、ベリーショート

②ツーブロック・平行

ツーブロックは平行に入れる事もあります。最も可もなく、不可もなくといったツーブロック。初めての方でも挑戦しやすい切り方ですね。

平行ツーブロックのメリット

・初めてでも挑戦しやすい
・どんなスタイルにも似合いやすい

大きな特徴がない分、割とどんなスタイルでもしっくり来やすいカタチになります。ツーブロックのみ自宅でセルフカットをする際に、比較的ご自分でお手入れがしやすいのもポイントですね。

オススメスタイル・・・オールジャンル

③ツーブロック・前下がり

意外と知られていない前下がりのツーブロック。写真で見るとわかりやすいと思いますので、こちらをご覧ください。

耳周りの方が高めに刈り上げられており、そこから顔に向かって下がっていくツーブロックの切り方ですね。意外と見ることは少ないかも?

前下がりツーブロックのメリット

・顔まわりの髪を残しやすい
・耳周りがスッキリしやすい
・見えにくくブロックが目立たない

耳周りはスッキリしたいけど、顔まわりの髪の毛は残して小顔効果を狙いたい!そんな方にオススメのツーブロックです。実はここ最近、このカタチもかなり増えて来ていますね。

オススメ・・・ショート、ミディアム、マッシュ

 

ツーブロックにはこれに付随して、高さ、横幅、ミリ数も自在に変えることができます。こちらの画像を参考にしてください。


髪質、なりたいスタイル、頭のカタチ
など、様々な要素によってこちらが変わってきます。上記の3つのツーブロック+高さと横幅、ミリ数などを考慮し、ご自分に一番似合うツーブロックスタイルにしましょう!

わからない場合は、美容師さんに相談するのが1番です。どんなイメージにしたいかをザックリでも構わないので伝えてみましょう!

北九州や小倉で美容室をお探しの男性方、ツーブロックに限らずメンズカットはわたくし新川にお任せください。必ず似合うスタイルを提案させていただきます。なんでもお気軽にご相談くださいね!

【小倉美容室・メンズカット】簡単!メンズヘアー・前髪の上げ方!北九州小倉北区の美容室で活動中の美容師、新川寛人がメンズヘアーのお手入れを解説!今回は前髪を簡単に上げるコツをご紹介。アップバングのドライヤーのコツは?バランスは?北九州小倉の方、メンズカットは新川にお任せ!...

 

ABOUT ME
新川 寛人
新川 寛人
メンズカットやメンズカラー・パーマなど、男性のヘアースタイル施術を得意としている北九州の美容師。▼ヘアケアマイスター資格を取得。▼Asia Beauty Congress メンズカット部門ファイナリスト。▼サイドが膨らむ、量が多いなど、男性特有の髪のお悩みを解決し、必ずカッコよくします!男性の方、ぜひお任せ下さい。