お役立ち記事

オススメ書籍① FACTFULNESS

こんにちは。北九州小倉北区で美容師をしています、BLAZEの新川寛人@Hirotter052)です。メンズカット、メンズカラー、メンズパーマなど、メンズ施術全般を得意としています。当ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、わたくし新川がオススメする書籍を紹介!第一弾としてご紹介するのはこちらになります。

著者はハンス・ロスリング氏。スウェーデンの医師であり、教育者としても著名です。世界保健機構やユニセフのアドバイザー、スウェーデンでの国境なき医師団設立など、様々な分野で活躍した方。

ハンス・ロスリング氏がすい臓がんの宣告を受けた際に全ての仕事をキャンセルし、息子・その妻と書き上げた遺作です。

◆FACTFULNESSの概要

こちらの書籍は「FACTFULNESS」という概念をベースに、普段人間がどれほど情報をドラマチックに見すぎているか?を教えてくれる一冊になっています。

そしてこれはメディア、ジャーナリスト、世界の名だたる識者でさえも、本能的に情報の受け取り方を間違えていると作者は語ります。

「FACTFULNESS」では序盤に13問のクイズが用意されています。誰もが当たり前に正解しそうな簡単な3択クイズですが、僕は5問しか正解しませんでした。

この問題は「チンパンジー問題」と呼ばれ、名だたる識者でさえも正答率が33%を超えず、チンパンジーがランダムに答えを選んだ方が正答率が高いという驚きの結果に。

ここから一気にこの本に引き込まれることでしょう。

例:今やメディアでも頻繁に取り沙汰されるのは、貧困層と富裕層の格差

極度の貧困に陥っている人の数は減らず、紛争で衣食住に困る人があとを絶たない。アフリカの子供は未だに多くが大人になるまでに死んでしまう。たくさんの寄付を持ってしても、なかなか解決できていない大きな社会問題である。

 

そう思っていませんか?

 

では実際のデータを見てみましょう。

(本書より引用)

実は世界的に見て、どんどん極度の貧困層の割合は下がっています。

今やレベル1の貧困層は9パーセントしか存在しません。

メディアで取り上げられるのが過酷な貧困の話ばかりなので、僕たちのイメージは1960年代のデータのまま止まってしまっているんです。

このようにドラスティックな変化が起きている事に気づかず、思い込みによって真実を捉えられていない人が多い。そんな人に真実を正しく見る目を授けるのがハンス・ロスリング氏の目的。そしてこの「FACTFULNESS」を書き上げた理由です。

 

この本では情報を正しく捉えるためのコツとして、人間が持っている10の本能をベースに、彼の体験を踏まえて書かれています。

①分断本能 ②ネガティブ本能 ③直線本能 ④恐怖本能 ⑤過大視本能
⑥パターン化本能 ⑦宿命本能 ⑧単純化本能 ⑨犯人探し本能 ⑩焦り本能

 

各本能についてのエピソード、解説や対処法は読んだ方のお楽しみ。

◆FACTFULNESSを読んで感じたこと

日々ニュースで取り上げられるのは大きな事故、凄惨な事件、大気汚染や人口の圧迫、貧困層の過酷な現状などネガティブな事ばかり。ついつい「どんどんこの世界は悪くなっている。」と思いがちです。僕もそうでした。

しかしハンス・ロスリング氏はデータをベースにハッキリと語ります。「世界は確実に良くなっている。情報を正しく捉え、真実を見出すべきだ」「人々はドラマチックに世界を見すぎている」と。

この「FACTFULNESS」では健康や医療、世界情勢、奴隷制度、石油流失事故、HIV感染、戦死者、乳幼児の死亡率、児童労働、災害による死者数、識字率・・・様々な話題が出てきます。しかしこの話題自体を学び、覚えるのが本来の意義ではないと感じました。

「FACTFULNESS」という概念を身につけ、世の中の情報、データを正しく捉える能力を持つ事、その大切さを伝えたかったのではないでしょうか。

ここ最近読んだ中でも、特によかった本だと個人的に思います。

ビジネスマンの方はもちろん、学生さんも、どんな方にも一度は読んでいただきたい一冊になっています。

ぜひ興味のある方は書店に足を運んでみてください。

 

 

ABOUT ME
新川 寛人
新川 寛人
メンズカットやメンズカラー・パーマなど、男性のヘアースタイル施術を得意としている北九州の美容師。▼ヘアケアマイスター資格を取得。▼Asia Beauty Congress メンズカット部門ファイナリスト。▼サイドが膨らむ、量が多いなど、男性特有の髪のお悩みを解決し、必ずカッコよくします!男性の方、ぜひお任せ下さい。